水彩画、パステル画のアトリエmizuロゴ

初めて水彩画を
描くときの
「お役に立つかも」
ページです。
初めての水彩画Q&ATOP画像「八ヶ岳 部分」透明水彩

アトリエmizuの
HOMEへ戻る

水彩画の疑問に個人的な返答を・・・


Q 9、子どもの使っていた絵の具などでも良いですか?

A9

初めはどんなものでもよいと思います。絵の具のチューブは固く乾燥してなければ絞りだせます。 まれにメジウム(透明な液)が分離していることがありますが、混ぜれば使えないこともないです。


「とりあえず家の中にあるもので始めてみる」。

という方法です。Q4で「形から入る」という提案をしましたが、その反対のスタイルですネ。

近年の学童用の画材の品質は、私たちが体験した50年前(?)の物よりかは格段に品質が良くなっています。

もし、家の中に

学童用の絵の具
学童用の
使いかけのスケッチブック(F6~F4くらい)
プラスチックのパレット
B4くらいの落書き帳 (ホームセンターや100円ショップのものでよいです)
HB、2Bの鉛筆各1本
消しゴム
ジャムなどの空き瓶

以上があれば取りあえず始める事ができます。透明水彩用のの画材ではないですが思い立った日から始めることができます。

(専用画材がない場合は購入するまえに相談をされるとよいと思います)。

(学童用の絵具、筆、紙を使うときその感触や使い心地を体感しておきます。 後日専用画材を購入される場合に使用感の差を実感できます)。


絵は「紙と鉛筆があれば始めることができる」と言われます。

イギリス製のコリンスキーセーブル筆を使ってみたい。アルシュ水彩紙で描いてみたい。そう思われる方は多いです。

しかし、その前に気持ちを楽にして湯呑茶碗をデッサン(見て描くこと)してみてください。

すこしだけ集中して線を引いていくと案外いいものだと思えます。自分でも描けると思います。 それが絵を描くスタートのような気がします。

そんなわけで家の中に転がっている鉛筆や絵の具を、一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

50年ぶりに絵を描いてみようと思われた方は、どこかで見た水彩画の色や画法に興味を持たれたのだと思います。 その絵はきっと学童用の画材ではなく専門家用の画材で描かれたものだと思います。

筆の代わりに割り箸を削り、つけペンにして描く人もいます。 ともあれ、画材についてもまず手に取り、時間をかけ使ってみることが理解する最良の方法だと思います。


このページのTOPに戻る
アトリエmizuのHOMEに戻る