水彩画、パステル画のアトリエmizuロゴ

初めて透明水彩を描く人のお役立ちページ

初めての水彩画Q&ATOP画像「八ヶ岳 部分」透明水彩

アトリエmizuの HOMEへ戻る

水彩画の疑問 に個人的な返答をしています。


Q2、水彩画って誰でも小学生の頃から使ってますよネ。 だから簡単にサラサラッと描けると思って・・・

A2 おっしゃる通り、水彩画用絵の具は誰でも使ったことがある身近な画材です。小学生のころから慣れ親しんできています。

2種類の水彩絵具

ですが、カルチャー教室などで「旅行に行ったら透明水彩でサラサラとスケッチをしましょう」 と言っていれば子供のころ使っていた「絵の具」とは別の「透明水彩絵具」のことです。

水彩絵具は大きく分ければ透明水彩絵具(Water Color)とガッシュ(Gouache)= 不透明水彩の二種類です。

中高校生のころ文化祭で看板を描いたりしませんでしたか? ポスターカラーを使ったならそれはガッシュの一種です。 水で溶いて厚塗りし、乾くとマット(ツヤ消し)な表面になる、大変扱いやすい絵の具です。

不透明水彩は、ポスターカラーやペンキのように上から塗る色で下の色が隠される、「濃い絵の具」です。 小学生のころ使っていたのはこの不透明水彩のほうです。

対して透明水彩は水を多く使いさらっとした描きあがりになります。
水の自然な動きに任せるようなオートマチックな技法としっかり乾燥させる重色技法が特徴となります。

紙の白さもそのまま生かし、下の色と上からの色が重なったときの透明感を大切にします。

簡単に言えば 透明水彩絵具とガッシュは、濃さが違うので描き方も違う画材です。

違いがあるとは・・・

今の熟年世代(私の年代の人のことです)は戦後の新しい教育の中で「図画工作」の時間に 「透明水彩画」というものは聞いた記憶がありません(不透明水彩も聞いてませんが・・・)

制約のある授業時間の中ではやむをえなかったのかなと思います。 しかしもう一度水彩画を描いてみようという中高年の勘違いされる原因でもありますネ。

そんなわけで 「新しく水彩画を習いたい」「経験あります、子供のころ習いました」という方は、 もしかして透明水彩と不透明水彩(ガッシュ)の違いがはっきりしていないと思われます。

市販の絵の具セットも混ざっています

他方、市販の透明水彩絵具のセット(12色とか18色入りなど)には透明水彩も半透明水彩も一緒に入っています。
たとえば黄土色(イエローオーカー:ホルベイン)は半透明色で、グラスグリーン(クサカベ)は不透明色です。

実技の現場では薄塗りの上に濃いめのドライブラシをするなど両方の使い方をしている作品も多く見ます。

◆Memo◆
普通に透明水彩絵具で描いていても水を少なくすれば、 ガッシュのような厚塗り表現になってしまうこともよくありますが絵具メーカーのホームページの説明では

「透明水彩絵具で厚塗りしてもガッシュの発色にはなりません」
「不透明水彩絵具に水を多く加えても透明水彩のようにはなりません」

ホルベイン工業株式会社 http://www.holbein-works.co.jp/
株式会社クサカベ http://www.kusakabe-enogu.co.jp/

とあって「透明水彩絵具と不透明水彩絵具とガッシュは別の絵具である」 と言っています。

また、不透明水彩絵の具に画材メーカーから出ているアラビアガム溶液を混ぜてみてください。 透明水彩の具のようにメディウム量を増やすと色の伸びはよくなります。テカリ(光沢)がでるなど副作用もありますが 興味のある方はどうぞ。

水彩絵具の特徴を生かそう

そんなふうで両者を厳密に分けるほどの大きな違いはありませんが、 透明水彩の技法を生かそうとするなら 水張りした丈夫な水彩紙に、にじみ、ぼかし、垂らしこみなど 透明水彩絵具特有の技法と途中での乾燥をしっかりするようにしましょう。

絵のことに限りませんが自分の目と手で絵の具を溶き、絵を何枚も描いて覚えていく。 それが画材を自分のものにする一番の方法だと思います。

透明水彩の魅力は「水のコントロール」で発揮されます。 水をじゃぶじゃぶ使います。もちろんそうでない人もいます。(笑)

体験されれば透明水彩の美しさに心を奪われると信じます。

このページのTOPに戻る
アトリエmizuのHOMEに戻る