水彩画、パステル画のアトリエmizuロゴ

初めて水彩画を
描くときの
「お役に立つかも」
ページです。
初めての水彩画Q&ATOP画像「八ヶ岳 部分」透明水彩

アトリエmizuの
HOMEへ戻る

水彩画の疑問に個人的な返答を・・・


Q 10、スケッチブックの表に「300g」って、何のこと? 他にもいろいろ書いてあるけどどういう意味ですか??

A10
「300g」はそのスケッチブックに綴じられている水彩紙の1平方メートル当たりの重さです。坪量とも言います。一般的に重いほど丈夫=高級品です。

重さ以外にもスケッチブックの表紙や中側に【N.P surfase、F6、中性紙 】と書いてあったときの意味は次の通りです。

N.P(not hotpressの略です)は ホットプレスではないという意味で中目のことです。 (H.P=ホットプレス=なめらか=細目です)surfase(サーフェス)は表面の意味です。

N.PもH.Pも水彩紙の目の密度(粗密)を表しています。
他に荒目・ROUGH(=ザラザラしてる)があります。メーカーによって表示がなかったり、表示基準が違うこともあります。

F6 フランス語のフィギア(figure=人物) の頭文字 < F > と < 6 > はサイズです。F0号から上はF100号、F300号と巨大なサイズがあります。 縦横の比率はあまり厳密なものではありません。

また < F > は人を描くのに向いているという比率ですが、実際には人物でも立像は入れにくいので半身や椅子に掛けていたり、肖像画ならおさまりやすいかなと思います…。

他に< P > =風景、< M > =海景、< S > =正方形、細長いランドスケープ(Landscape)などがありますが画材店にはあまり置いていません。
→ スケッチブック・キャンバスサイズ表

中性紙は水彩紙のペーハーを表示しています。 水彩画は水を使うことやノリ(アラビアガム)が含まれていて紙魚やカビなどによる作品の劣化が避けられません。 紙質の劣化はある意味仕方ないといえますが、新聞紙のように酸性の紙だとすぐに黄ばんできてしまいます。

上記以外に紙の目の向き(表面のざらつきでなく、繊維の流れの方向です)、 色(白とわずかに卵色のもの)の違い、にじみ止めの強弱、製品の形状による違い (リング綴じ、天のり、ブロック、ロール、水彩ボード、手漉き)など多くの種類があります。


このページのTOPに戻る
アトリエmizuのHOMEに戻る